実は、出会い系サイトを使うよりもセフレサイトを使っているほうが、相手の年齢層が高いと感じることが多いようです。
サイトを使っていて、セフレサイトのほうが使っている人の年齢層が高めということには驚くのではないでしょうか。
確かに、性欲が強いという印象では若い人のほうがそういったイメージがありますが、実際には少し違うようです

基本的に、カカオトーク 掲示板を使っている人というのは、セフレというよりも恋人であったり結婚相手を求めている人が多いようです。
真面目な出会いを求めている人が多い分、出会い系サイトの中に居る人は年齢層が少し若くなるのかもしれません。
もしそこで40代や50代という人が利用をしていても、実際に出会うところまで持っていくのは難しいということかもしれません。
なので、出会い系サイトのほうが若い人が必然的に出会いやすい環境になっているということでもあります。

それに対してセフレサイトの場合には、三十代や四十代の人が使っているケースが多くなります。
多くの人が結婚をしていて、不倫相手を探すためにセフレサイトを使っているというケースが増えてくるためです。
真面目な出会いは求めていないものの、気軽に関係を持つことができる相手が欲しいと思って、セフレサイトに登録をすることになるのですね。
年齢が高い人のほうが経験も豊富で、テクニックもあると考えられるので、セフレにするには最適かもしれません。

欲求不満な人妻
出会い系サイトを使っていて、相手を探してみるとすぐにわかることでもありますが、人妻がかなり多く登録をしているものです。
なぜ、結婚をしているような女性がわざわざ出会い系サイトを使って相手を探すことになるのか、と疑問に思うかもしれません。
人妻がセフレを求めることの理由としては、やはりその女性自身がセックスが好きということもあるかと思います。

例えば最近では夫婦間でセックスレスになるという問題が増えてきていますし、特に日本の夫婦であればその問題は顕著になるでしょう。
自分はもっとしたいと思っているのに相手にそれを拒否されてしまい、さみしい思いをしている人妻もいるかもしれません。
例えば子供ができた途端にセックスレスになるという夫婦は非常に多いといいます。
その理由には同じ相手とだと飽きてしまうということや、母親になった途端にセックスの対象から外れてしまうということがあるかもしれません。

そういったことで不満を持った人妻が、出会い系サイトから相手を探してセフレになってみたいと考えるようになるのです。
家庭を壊したいわけではないので、あくまで一定の距離を保って関係を持つことができる相手となると、やはりセフレになります。
男性は女性のそういった事情を察してあげながら、女性が求めているものを提供できれば、継続的にセフレになることができるかもしれません。